万葉集 第10巻 2139番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2139番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2139番歌

第10巻
歌番号 2139番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鴈)
原文 野干玉之 夜<渡>鴈者 欝 幾夜乎歴而鹿 己名乎告
訓読 ぬばたまの夜渡る雁はおほほしく幾夜を経てかおのが名を告る
かな ぬばたまの よわたるかりは おほほしく いくよをへてか おのがなをのる
英語(ローマ字) NUBATAMANO YOWATARUKARIHA OHOHOSHIKU IKUYOWOHETEKA ONOGANAWONORU
夜渡っていく雁の姿はぼんやりしている。いったい幾夜経ったら姿がはっきりする(雁だと分かる)ようになるのだろう。
左注
校異 度 渡 [元][類]
用語 秋雑歌、枕詞、動物
タイトルとURLをコピーしました