万葉集 第10巻 1862番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1862番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1862番歌

第10巻
歌番号 1862番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 見雪者 未冬有 然為蟹 春霞立 梅者散乍
訓読 雪見ればいまだ冬なりしかすがに春霞立ち梅は散りつつ
かな ゆきみれば いまだふゆなり しかすがに はるかすみたち うめはちりつつ
英語(ローマ字) YUKIMIREBA IMADAFUYUNARI SHIKASUGANI HARUKASUMITACHI UMEHACHIRITSUTSU
雪を見ているといまだ冬。けれども、春霞は野に行き渡り梅の花も散り始めている。
左注
校異
用語 春雑歌、植物、季節
タイトルとURLをコピーしました