万葉集 第10巻 1861番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1861番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1861番歌

第10巻
歌番号 1861番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 能登河之 水底并尓 光及尓 三笠乃山者 咲来鴨
訓読 能登川の水底さへに照るまでに御笠の山は咲きにけるかも
かな のとがはの みなそこさへに てるまでに みかさのやまは さきにけるかも
英語(ローマ字) NOTOGAHANO MINASOKOSAHENI TERUMADENI MIKASANOYAMAHA SAKINIKERUKAMO
能登川の水底まで照り映える御笠の山の桜は今真っ盛り。
左注
校異
用語 春雑歌、奈良、地名、叙景、季節
タイトルとURLをコピーしました