万葉集 第10巻 2080番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2080番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2080番歌

第10巻
歌番号 2080番歌
作者 作者不詳
題詞 (七夕)
原文 織女之 今夜相奈婆 如常 明日乎阻而 年者将長
訓読 織女の今夜逢ひなば常のごと明日を隔てて年は長けむ
かな たなばたの こよひあひなば つねのごと あすをへだてて としはながけむ
英語(ローマ字) TANABATANO KOYOHIAHINABA TSUNENOGOTO ASUWOHEDATETE TOSHIHANAGAKEMU
織姫は今宵牽牛と逢う瀬を迎えるが、明日になれば、いつものように、次の七夕がやってくるまで逢えなくなる。その一年はさぞかし長いことだろう。
左注
校異
用語 秋雑歌、七夕
タイトルとURLをコピーしました