万葉集 第10巻 1891番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1891番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1891番歌

第10巻
歌番号 1891番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞
原文 冬隠 春開花 手折以 千遍限 戀渡鴨
訓読 冬こもり春咲く花を手折り持ち千たびの限り恋ひわたるかも
かな ふゆこもり はるさくはなを たをりもち ちたびのかぎり こひわたるかも
英語(ローマ字) FUYUKOMORI HARUSAKUHANAWO TAWORIMOCHI CHITABINOKAGIRI KOHIWATARUKAMO
冬が去って春に咲いた花を手折り持ち、いつまでもいつまでもあなたのことを恋続けています。
左注 (右柿本朝臣人麻呂歌集出)
校異
用語 春相聞、作者:柿本人麻呂歌集、略体、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました