万葉集 第10巻 1850番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1850番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1850番歌

第10巻
歌番号 1850番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠柳)
原文 朝旦 吾見柳 鴬之 来居而應鳴 森尓早奈礼
訓読 朝な朝な我が見る柳鴬の来居て鳴くべく森に早なれ
かな あさなさな わがみるやなぎ うぐひすの きゐてなくべく もりにはやなれ
英語(ローマ字) ASANASANA WAGAMIRUYANAGI UGUHISUNO KIゐTENAKUBEKU MORINIHAYANARE
毎朝、私の目に触れる柳木立よ。ウグイスがやってきて居つき鳴き立てるような森に早く大きくなれ。
左注
校異
用語 春雑歌、動物、季節、植物
タイトルとURLをコピーしました