万葉集 第10巻 2259番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2259番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2259番歌

第10巻
歌番号 2259番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄露)
原文 秋芽子之 上尓白霧 毎置 見管曽思<怒>布 君之光儀<呼>
訓読 秋萩の上に白露置くごとに見つつぞ偲ふ君が姿を
かな あきはぎの うへにしらつゆ おくごとに みつつぞしのふ きみがすがたを
英語(ローマ字) AKIHAGINO UHENISHIRATSUYU OKUGOTONI MITSUTSUZOSHINOFU KIMIGASUGATAWO
萩に降りた白露を見るたびに思い浮かべる我が君の姿を。
左注
校異 努 怒 [元][類][紀] / 乎 呼 [元][類][紀]
用語 秋相聞、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました