万葉集 第10巻 2260番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2260番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2260番歌

第10巻
歌番号 2260番歌
作者 作者不詳
題詞 寄風
原文 吾妹子者 衣丹有南 秋風之 寒比来 下著益乎
訓読 我妹子は衣にあらなむ秋風の寒きこのころ下に着ましを
かな わぎもこは ころもにあらなむ あきかぜの さむきこのころ したにきましを
英語(ローマ字) WAGIMOKOHA KOROMONIARANAMU AKIKAZENO SAMUKIKONOKORO SHITANIKIMASHIWO
彼女が着物であったなら、寒い秋風が吹くこの頃、ずっと肌身につけて着ていたい。
左注
校異
用語 秋相聞、恋情
タイトルとURLをコピーしました