万葉集 第10巻 2099番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2099番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2099番歌

第10巻
歌番号 2099番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 白露乃 置巻惜 秋芽子乎 折耳折而 置哉枯
訓読 白露の置かまく惜しみ秋萩を折りのみ折りて置きや枯らさむ
かな しらつゆの おかまくをしみ あきはぎを をりのみをりて おきやからさむ
英語(ローマ字) SHIRATSUYUNO OKAMAKUWOSHIMI AKIHAGIWO WORINOMIWORITE OKIYAKARASAMU
白露に見舞われて散るのが惜しいので、萩の花をいっぱい手折って家に置いてみても枯らしてしまうだろうか。
左注
校異
用語 秋雑歌、植物
タイトルとURLをコピーしました