万葉集 第10巻 2000番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2000番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2000番歌

第10巻
歌番号 2000番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 (七夕)
原文 天漢 安渡丹 船浮而 秋立待等 妹告与具
訓読 天の川安の渡りに舟浮けて秋立つ待つと妹に告げこそ
かな あまのがは やすのわたりに ふねうけて あきたつまつと いもにつげこそ
英語(ローマ字) AMANOGAHA YASUNOWATARINI FUNEUKETE AKITATSUMATSUTO IMONITSUGEKOSO
天の川の安の河原の船着き場で舟を浮かべ、七夕の秋がやってくるのを心待ちしていると彼女に伝えてほしい。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 秋雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、非略体、七夕
タイトルとURLをコピーしました