万葉集 第10巻 2208番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2208番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2208番歌

第10巻
歌番号 2208番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠黄葉)
原文 鴈鳴之 寒鳴従 水茎之 岡乃葛葉者 色付尓来
訓読 雁がねの寒く鳴きしゆ水茎の岡の葛葉は色づきにけり
かな かりがねの さむくなきしゆ みづくきの をかのくずはは いろづきにけり
英語(ローマ字) KARIGANENO SAMUKUNAKISHIYU MIDUKUKINO WOKANOKUZUHAHA IRODUKINIKERI
雁が寒々と鳴いてからというもの、みずみずしい草の生える岡の葛の葉はすっかり色づいてきた。
左注
校異
用語 秋雑歌、枕詞、動物、植物、季節
タイトルとURLをコピーしました