万葉集 第10巻 1865番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1865番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1865番歌

第10巻
歌番号 1865番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 打靡 春避来之 山際 最木末乃 咲徃見者
訓読 うち靡く春さり来らし山の際の遠き木末の咲きゆく見れば
かな うちなびく はるさりくらし やまのまの とほきこぬれの さきゆくみれば
英語(ローマ字) UCHINABIKU HARUSARIKURASHI YAMANOMANO TOHOKIKONURENO SAKIYUKUMIREBA
草木も靡く春がやってきたようだ。遠い山際の桜の梢まで次々に花開いていくのを見ると。
左注
校異
用語 春雑歌、季節、叙景
タイトルとURLをコピーしました