万葉集 第10巻 1999番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1999番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1999番歌

第10巻
歌番号 1999番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 (七夕)
原文 朱羅引 色妙子 數見者 人妻故 吾可戀奴
訓読 赤らひく色ぐはし子をしば見れば人妻ゆゑに我れ恋ひぬべし
かな あからひく いろぐはしこを しばみれば ひとづまゆゑに あれこひぬべし
英語(ローマ字) AKARAHIKU IROGUHASHIKOWO SHIBAMIREBA HITODUMAYUゑNI AREKOHINUBESHI
ほんのり(顔が)朱に染まった彼女をよくよく眺めると、恋に落ちそうになる。けれども彼女は人妻なので恋してはならない。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 秋雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、非略体、七夕
タイトルとURLをコピーしました