万葉集 第10巻 2100番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2100番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2100番歌

第10巻
歌番号 2100番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 秋田苅 借廬之宿 <丹>穂經及 咲有秋芽子 雖見不飽香聞
訓読 秋田刈る刈廬の宿りにほふまで咲ける秋萩見れど飽かぬかも
かな あきたかる かりいほのやどり にほふまで さけるあきはぎ みれどあかぬかも
英語(ローマ字) AKITAKARU KARIIHONOYADORI NIHOFUMADE SAKERUAKIHAGI MIREDOAKANUKAMO
秋の田を刈り入れるための仮小屋まで染めてしまうほど美しい秋萩。見ても見ても飽きることがないほど見事だなあ。
左注
校異 尓 丹 [元][類][紀]
用語 秋雑歌、植物、叙景
タイトルとURLをコピーしました