万葉集 第10巻 2101番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2101番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2101番歌

第10巻
歌番号 2101番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 吾衣 <揩>有者不在 高松之 野邊行之者 芽子之<揩>類曽
訓読 我が衣摺れるにはあらず高松の野辺行きしかば萩の摺れるぞ
かな あがころも すれるにはあらず たかまつの のへゆきしかば はぎのすれるぞ
英語(ローマ字) AGAKOROMO SURERUNIHAARAZU TAKAMATSUNO NOHEYUKISHIKABA HAGINOSURERUZO
私の着物はあらかじめ摺り染めにして染めたわけではありません。高松の野辺を歩いていたら自然に萩の花が摺りこまれたのです。
左注
校異 摺 揩 [元] / 摺 揩 [元]
用語 秋雑歌、奈良、高円、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました