万葉集 第10巻 1955番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1955番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1955番歌

第10巻
歌番号 1955番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鳥)
原文 霍公鳥 厭時無 菖蒲 蘰将為日 従此鳴度礼
訓読 霍公鳥いとふ時なしあやめぐさかづらにせむ日こゆ鳴き渡れ
かな ほととぎす いとふときなし あやめぐさ かづらにせむひ こゆなきわたれ
英語(ローマ字) HOTOTOGISU ITOFUTOKINASHI AYAMEGUSA KADURANISEMUHI KOYUNAKIWATARE
ホトトギスよ。いつやってきてもいいが、菖蒲で作ったかづらを頭に飾る日、端午の節句は間違いなくここをわたっていっておくれよな。
左注
校異 菖 [元][類] 昌
用語 夏雑歌、動物、植物
タイトルとURLをコピーしました