万葉集 第10巻 1955番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1955番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1955番歌

第10巻
歌番号 1955番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鳥)
原文 霍公鳥 厭時無 菖蒲 蘰将為日 従此鳴度礼
訓読 霍公鳥いとふ時なしあやめぐさかづらにせむ日こゆ鳴き渡れ
かな ほととぎす いとふときなし あやめぐさ かづらにせむひ こゆなきわたれ
英語(ローマ字) HOTOTOGISU ITOFUTOKINASHI AYAMEGUSA KADURANISEMUHI KOYUNAKIWATARE
ホトトギスよ。いつやってきてもいいが、菖蒲で作ったかづらを頭に飾る日、端午の節句は間違いなくここをわたっていっておくれよな。
左注
校異 菖 [元][類] 昌
用語 夏雑歌、動物、植物
タイトルとURLをコピーしました