万葉集 第10巻 2118番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2118番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2118番歌

第10巻
歌番号 2118番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 朝霧之 棚引小野之 芽子花 今哉散濫 未Q尓
訓読 朝霧のたなびく小野の萩の花今か散るらむいまだ飽かなくに
かな あさぎりの たなびくをのの はぎのはな いまかちるらむ いまだあかなくに
英語(ローマ字) ASAGIRINO TANABIKUWONONO HAGINOHANA IMAKACHIRURAMU IMADAAKANAKUNI
朝霧がたなびく小野に萩の花が咲いている。この季節になると萩は散っていくのだろうか。まだ十分に見飽きたわけではないのに。
左注
校異
用語 秋雑歌、植物、季節
タイトルとURLをコピーしました