万葉集 第10巻 2335番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2335番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2335番歌

第10巻
歌番号 2335番歌
作者 作者不詳
題詞 寄露
原文 咲出照 梅之下枝<尓> 置露之 可消於妹 戀頃者
訓読 咲き出照る梅の下枝に置く露の消ぬべく妹に恋ふるこのころ
かな さきでてる うめのしづえに おくつゆの けぬべくいもに こふるこのころ
英語(ローマ字) SAKIDETERU UMENOSHIDUENI OKUTSUYUNO KENUBEKUIMONI KOFURUKONOKORO
咲き出して照り輝く梅の下枝(しづえ)に降った露が消え入るように、切なく彼女に恋い焦がれているきょうこのごろ。
左注
校異 <> 尓 [元][類][紀]
用語 冬相聞、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました