万葉集 第10巻 2334番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2334番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2334番歌

第10巻
歌番号 2334番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞
原文 <阿和>雪 千<重>零敷 戀為来 食永我 見偲
訓読 沫雪は千重に降りしけ恋ひしくの日長き我れは見つつ偲はむ
かな あわゆきは ちへにふりしけ こひしくの けながきわれは みつつしのはむ
英語(ローマ字) AWAYUKIHA CHIHENIFURISHIKE KOHISHIKUNO KENAGAKIWAREHA MITSUTSUSHINOHAMU
淡雪よ、幾重にも降りかかっておくれ。恋い焦がれるようになってからもう長くなる私なのです。お前が降りかかるのを見ながら心を安らげよう。
左注 右柿本朝臣人麻呂之歌集出
校異 沫 阿和 [元][類][紀][温] / 里 重 [元] / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 冬相聞、作者:柿本人麻呂歌集、略体、恋情
タイトルとURLをコピーしました