万葉集 第10巻 2333番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2333番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2333番歌

第10巻
歌番号 2333番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞
原文 零雪 虚空可消 雖戀 相依無 月經在
訓読 降る雪の空に消ぬべく恋ふれども逢ふよしなしに月ぞ経にける
かな ふるゆきの そらにけぬべく こふれども あふよしなしに つきぞへにける
英語(ローマ字) FURUYUKINO SORANIKENUBEKU KOFUREDOMO AFUYOSHINASHINI TSUKIZOHENIKERU
降る雪もやがて空に消えてゆく、そんな雪のように消え入りそうになりながら恋い焦がれているが、逢う術もないまま月日が経ってしまった。
左注 右柿本朝臣人麻呂之歌集出
校異
用語 冬相聞、作者:柿本人麻呂歌集、略体、恋情
タイトルとURLをコピーしました