万葉集 第10巻 1963番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1963番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1963番歌

第10巻
歌番号 1963番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鳥)
原文 如是許 雨之零尓 霍公鳥 宇<乃>花山尓 猶香将鳴
訓読 かくばかり雨の降らくに霍公鳥卯の花山になほか鳴くらむ
かな かくばかり あめのふらくに ほととぎす うのはなやまに なほかなくらむ
英語(ローマ字) KAKUBAKARI AMENOFURAKUNI HOTOTOGISU UNOHANAYAMANI NAHOKANAKURAMU
こんなにも雨が降っているのに、ホトトギスよ、卯の花が咲きにおう山辺で、それでも鳴き立てているのだろうか。
左注
校異 之 乃 [元][類][紀]
用語 夏雑歌、動物、叙景
タイトルとURLをコピーしました