万葉集 第10巻 1849番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1849番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1849番歌

第10巻
歌番号 1849番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠柳)
原文 山際之 雪<者>不消有乎 水飯合 川之副者 目生来鴨
訓読 山の際の雪は消ずあるをみなぎらふ川の沿ひには萌えにけるかも
かな やまのまの ゆきはけずあるを みなぎらふ かはのそひには もえにけるかも
英語(ローマ字) YAMANOMANO YUKIHAKEZUARUWO MINAGIRAFU KAHANOSOHINIHA MOENIKERUKAMO
山あいの雪は消え残っているけれど、流れる川は(雪解け水で)あふれかえり、川沿いの柳は青々と芽吹いている。
左注
校異 <> 者 [元][類][紀]
用語 春雑歌、季節
タイトルとURLをコピーしました