万葉集 第10巻 1848番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1848番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1848番歌

第10巻
歌番号 1848番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠柳)
原文 山際尓 雪者零管 然為我二 此河楊波 毛延尓家留可聞
訓読 山の際に雪は降りつつしかすがにこの川楊は萌えにけるかも
かな やまのまに ゆきはふりつつ しかすがに このかはやぎは もえにけるかも
英語(ローマ字) YAMANOMANI YUKIHAFURITSUTSU SHIKASUGANI KONOKAHAYAGIHA MOENIKERUKAMO
山あいでは雪が降り続いているけれど、この川柳は青々と芽吹いてきたよ。
左注
校異
用語 春雑歌、植物、季節、叙景
タイトルとURLをコピーしました