万葉集 第10巻 2151番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2151番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2151番歌

第10巻
歌番号 2151番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鹿鳴)
原文 山遠 京尓之有者 狭小<壮>鹿之 妻呼音者 乏毛有香
訓読 山遠き都にしあればさを鹿の妻呼ぶ声は乏しくもあるか
かな やまとほき みやこにしあれば さをしかの つまよぶこゑは ともしくもあるか
英語(ローマ字) YAMATOHOKI MIYAKONISHIAREBA SAWOSHIKANO TSUMAYOBUKOゑHA TOMOSHIKUMOARUKA
山から遠い都にいるので、妻を求めて鳴き立てる牡鹿の声があまり聞こえてこないのだろうか。
左注
校異 牡 壮 [元][類]
用語 秋雑歌、植物、動物
タイトルとURLをコピーしました