万葉集 第10巻 1987番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1987番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1987番歌

第10巻
歌番号 1987番歌
作者 作者不詳
題詞 寄花
原文 片搓尓 絲S曽吾搓 吾背兒之 花橘乎 将貫跡母日手
訓読 片縒りに糸をぞ我が縒る我が背子が花橘を貫かむと思ひて
かな かたよりに いとをぞわがよる わがせこが はなたちばなを ぬかむとおもひて
英語(ローマ字) KATAYORINI ITOWOZOWAGAYORU WAGASEKOGA HANATACHIBANAWO NUKAMUTOOMOHITE
あの方が頭飾りに出来るように差し上げようと一生懸命花橘を糸と寄り合わせていますが、いったいいつになったら差し上げられるようになるのかしら。
左注
校異
用語 夏相聞、植物
タイトルとURLをコピーしました