万葉集 第10巻 1922番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1922番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1922番歌

第10巻
歌番号 1922番歌
作者 作者不詳
題詞 寄松
原文 梅花 咲而落去者 吾妹乎 将来香不来香跡 吾待乃木曽
訓読 梅の花咲きて散りなば我妹子を来むか来じかと我が松の木ぞ
かな うめのはな さきてちりなば わぎもこを こむかこじかと わがまつのきぞ
英語(ローマ字) UMENOHANA SAKITECHIRINABA WAGIMOKOWO KOMUKAKOJIKATO WAGAMATSUNOKIZO
梅の花が咲きそろっていますが、この花が散ってしまったら、彼女を誘うよすががなくなってしまう。来てくれるのか来てくれないのか、私は待っているしかないでしょうか。
左注
校異
用語 春相聞、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました