万葉集 第10巻 1878番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1878番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1878番歌

第10巻
歌番号 1878番歌
作者 作者不詳
題詞 詠河
原文 今徃而 聞物尓毛我 明日香川 春雨零而 瀧津湍音乎
訓読 今行きて聞くものにもが明日香川春雨降りてたぎつ瀬の音を
かな いまゆきて きくものにもが あすかがは はるさめふりて たぎつせのおとを
英語(ローマ字) IMAYUKITE KIKUMONONIMOGA ASUKAGAHA HARUSAMEFURITE TAGITSUSENOOTOWO
今すぐ出かけていって聞きたいものだ。明日香川に春雨が降り注ぎ、たぎりたつすさまじい瀬の音を。
左注
校異
用語 春雑歌、飛鳥、地名
タイトルとURLをコピーしました