万葉集 第10巻 1923番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1923番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1923番歌

第10巻
歌番号 1923番歌
作者 作者不詳
題詞 寄雲
原文 白檀弓 今春山尓 去雲之 逝哉将別 戀敷物乎
訓読 白真弓今春山に行く雲の行きや別れむ恋しきものを
かな しらまゆみ いまはるやまに ゆくくもの ゆきやわかれむ こほしきものを
英語(ローマ字) SHIRAMAYUMI IMAHARUYAMANI YUKUKUMONO YUKIYAWAKAREMU KOHOSHIKIMONOWO
白真弓を張る、その春山にかかる雲が流れて去ってゆく。その雲のようにここで別れなければならないのか、恋しくてたまらないのに。
左注
校異
用語 春相聞、枕詞、恋情、序詞
タイトルとURLをコピーしました