万葉集 第10巻 2186番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2186番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2186番歌

第10巻
歌番号 2186番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠黄葉)
原文 秋去者 置白露尓 吾門乃 淺茅何浦葉 色付尓家里
訓読 秋されば置く白露に我が門の浅茅が末葉色づきにけり
かな あきされば おくしらつゆに わがかどの あさぢがうらば いろづきにけり
英語(ローマ字) AKISAREBA OKUSHIRATSUYUNI WAGAKADONO ASADIGAURABA IRODUKINIKERI
秋がやって来て、白露が降りるようになったこのごろ、我が家の門に生えている浅茅の先端部分が色づいてきた。
左注
校異
用語 秋雑歌、植物、季節
タイトルとURLをコピーしました