万葉集 第10巻 2052番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2052番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2052番歌

第10巻
歌番号 2052番歌
作者 作者不詳
題詞 (七夕)
原文 此夕 零来雨者 男星之 早滂船之 賀伊乃散鴨
訓読 この夕降りくる雨は彦星の早漕ぐ舟の櫂の散りかも
かな このゆふへ ふりくるあめは ひこほしの はやこぐふねの かいのちりかも
英語(ローマ字) KONOYUFUHE FURIKURUAMEHA HIKOHOSHINO HAYAKOGUFUNENO KAINOCHIRIKAMO
七夕の今宵、しきりに雨がふりかかってくる。この雨は彦星が懸命になって早漕ぎする櫂(かい)のしぶきだろうか。
左注
校異
用語 秋雑歌、七夕
タイトルとURLをコピーしました