万葉集 第10巻 1913番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1913番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1913番歌

第10巻
歌番号 1913番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄霞)
原文 見渡者 春日之野邊 立霞 見巻之欲 君之容儀香
訓読 見わたせば春日の野辺に立つ霞見まくの欲しき君が姿か
かな みわたせば かすがののへに たつかすみ みまくのほしき きみがすがたか
英語(ローマ字) MIWATASEBA KASUGANONOHENI TATSUKASUMI MIMAKUNOHOSHIKI KIMIGASUGATAKA
見わたすと、春日の野辺に霞がかかっていてよく分かりません。あなたの姿が見たいものです。
左注
校異 邊 [西(右書)] 邊尓
用語 春相聞、奈良、地名、恋情
タイトルとURLをコピーしました