万葉集 第10巻 1996番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1996番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1996番歌

第10巻
歌番号 1996番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 七夕
原文 天漢 水左閇而照 舟竟 舟人 妹等所見寸哉
訓読 天の川水さへに照る舟泊てて舟なる人は妹と見えきや
かな あまのがは みづさへにてる ふねはてて ふねなるひとは いもとみえきや
英語(ローマ字) AMANOGAHA MIDUSAHENITERU FUNEHATETE FUNENARUHITOHA IMOTOMIEKIYA
天の川の川岸に照り映えた美しい舟が到着した。その舟の主牽牛星は彼女(織姫)に逢えたのだろうか。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異 歌 [西] 謌
用語 秋雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、非略体、七夕
タイトルとURLをコピーしました