万葉集 第10巻 2015番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2015番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2015番歌

第10巻
歌番号 2015番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 (七夕)
原文 吾世子尓 裏戀居者 天<漢> 夜船滂動 梶音所聞
訓読 我が背子にうら恋ひ居れば天の川夜舟漕ぐなる楫の音聞こゆ
かな わがせこに うらこひをれば あまのがは よふねこぐなる かぢのおときこゆ
英語(ローマ字) WAGASEKONI URAKOHIWOREBA AMANOGAHA YOFUNEKOGUNARU KADINOOTOKIKOYU
あの人をしきりに恋い焦がれていると、天の川を夜舟を漕いでやってくるあの人の楫(かじ)の音が聞こえてきた。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異 河 漢 [元][類][紀]
用語 秋雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、非略体、七夕
タイトルとURLをコピーしました