万葉集 第10巻 1912番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1912番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1912番歌

第10巻
歌番号 1912番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄霞)
原文 霊寸春 吾山之於尓 立霞 雖立雖座 君之随意
訓読 たまきはる我が山の上に立つ霞立つとも居とも君がまにまに
かな たまきはる わがやまのうへに たつかすみ たつともうとも きみがまにまに
英語(ローマ字) TAMAKIHARU WAGAYAMANOUHENI TATSUKASUMI TATSUTOMOUTOMO KIMIGAMANIMANI
我が命と仰ぐ山の上に霞がかかっています。立つも座るもあなたの意のままになさって下さい。
左注
校異
用語 春相聞、枕詞、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました