万葉集 第10巻 2004番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2004番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2004番歌

第10巻
歌番号 2004番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 (七夕)
原文 己つ 乏子等者 竟津 荒礒巻而寐 君待難
訓読 己夫にともしき子らは泊てむ津の荒礒巻きて寝む君待ちかてに
かな おのづまに ともしきこらは はてむつの ありそまきてねむ きみまちかてに
英語(ローマ字) ONODUMANI TOMOSHIKIKORAHA HATEMUTSUNO ARISOMAKITENEMU KIMIMACHIKATENI
自分の夫に滅多に逢えない織り姫は岩がゴロゴロしている港に、夫がやってくるのを待ちかねて荒磯を枕にして寝ている。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 秋雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、非略体、七夕
タイトルとURLをコピーしました