万葉集 第10巻 2005番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2005番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2005番歌

第10巻
歌番号 2005番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 (七夕)
原文 天地等 別之時従 自つ 然叙<年>而在 金待吾者
訓読 天地と別れし時ゆ己が妻しかぞ年にある秋待つ我れは
かな あめつちと わかれしときゆ おのがつま しかぞかれてあり あきまつわれは
英語(ローマ字) AMETSUCHITO WAKARESHITOKIYU ONOGATSUMA SHIKAZOKARETEARI AKIMATSUWAREHA
太古の昔より織り姫は我が妻、しかして現実に我が手中にあるのは七夕の秋、その日を私は待ち続けている。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異 手 年 [万葉集童蒙抄]
用語 秋雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、非略体、七夕
タイトルとURLをコピーしました