万葉集 第10巻 2342番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2342番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2342番歌

第10巻
歌番号 2342番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄雪)
原文 如夢 君乎相見而 天霧之 落来雪之 可消所念
訓読 夢のごと君を相見て天霧らし降りくる雪の消ぬべく思ほゆ
かな いめのごと きみをあひみて あまぎらし ふりくるゆきの けぬべくおもほゆ
英語(ローマ字) IMENOGOTO KIMIWOAHIMITE AMAGIRASHI FURIKURUYUKINO KENUBEKUOMOHOYU
夢の中の出来事のようにあの方をお見かけしただけで、一面霧がかかったように空から降ってくる雪のように消え入りそうで切ない。
左注
校異
用語 冬相聞、恋情、序詞
タイトルとURLをコピーしました