万葉集 第10巻 2309番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2309番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2309番歌

第10巻
歌番号 2309番歌
作者 作者不詳
題詞 譬喩歌
原文 祝部等之 齊經社之 黄葉毛 標縄越而 落云物乎
訓読 祝らが斎ふ社の黄葉も標縄越えて散るといふものを
かな はふりらが いはふやしろの もみちばも しめなはこえて ちるといふものを
英語(ローマ字) HAFURIRAGA IHAFUYASHIRONO MOMICHIBAMO SHIMENAHAKOETE CHIRUTOIFUMONOWO
神官たちが祭って大事にしている神社のモミジでさえ張り巡らせた標縄(しめなわ)を越えて散るというのに。
左注
校異 歌 [西] 謌
用語 秋相聞、植物、比喩
タイトルとURLをコピーしました