万葉集 第10巻 1927番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1927番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1927番歌

第10巻
歌番号 1927番歌
作者 作者不詳
題詞 (問答)
原文 石上 振乃神杉 神備<西> 吾八更々 戀尓相尓家留
訓読 石上布留の神杉神びにし我れやさらさら恋にあひにける
かな いそのかみ ふるのかむすぎ かむびにし われやさらさら こひにあひにける
英語(ローマ字) ISONOKAMI FURUNOKAMUSUGI KAMUBINISHI WAREYASARASARA KOHINIAHINIKERU
石上布留の神杉のように年老いた私だが、このたび新たな恋に出会いましたね。
左注 右一首不有春歌而猶以和故載於茲次
校異 而 西 [元][類] / 歌 [西] 謌
用語 春相聞、奈良、地名、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました