万葉集 第10巻 2138番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2138番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2138番歌

第10巻
歌番号 2138番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鴈)
原文 多頭我鳴乃 今朝鳴奈倍尓 鴈鳴者 何處指香 雲隠良<武>
訓読 鶴がねの今朝鳴くなへに雁がねはいづくさしてか雲隠るらむ
かな たづがねの けさなくなへに かりがねは いづくさしてか くもがくるらむ
英語(ローマ字) TADUGANENO KESANAKUNAHENI KARIGANEHA IDUKUSASHITEKA KUMOGAKURURAMU
鶴たちが今朝鳴き騒いでいる。折しも、雁たちはどこに向かっていくのか雲間に隠れて飛んでいく。
左注
校異 哉 武 [元][類][紀]
用語 秋雑歌、動物
タイトルとURLをコピーしました