万葉集 第10巻 2237番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2237番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2237番歌

第10巻
歌番号 2237番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠雨)
原文 黄葉乎 令落四具礼能 零苗尓 夜副衣寒 一之宿者
訓読 黄葉を散らすしぐれの降るなへに夜さへぞ寒きひとりし寝れば
かな もみちばを ちらすしぐれの ふるなへに よさへぞさむき ひとりしぬれば
英語(ローマ字) MOMICHIBAWO CHIRASUSHIGURENO FURUNAHENI YOSAHEZOSAMUKI HITORISHINUREBA
寒さで黄葉を散らすしぐれが降っている。が、夜もまた寒さが身に染みる。たった一人で寝ると。
左注
校異
用語 秋雑歌、植物、季節、恋情
タイトルとURLをコピーしました