万葉集 第10巻 2144番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2144番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2144番歌

第10巻
歌番号 2144番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鹿鳴)
原文 鴈来 芽子者散跡 左小<壮>鹿之 鳴成音毛 裏觸丹来
訓読 雁は来ぬ萩は散りぬとさを鹿の鳴くなる声もうらぶれにけり
かな かりはきぬ はぎはちりぬと さをしかの なくなるこゑも うらぶれにけり
英語(ローマ字) KARIHAKINU HAGIHACHIRINUTO SAWOSHIKANO NAKUNARUKOゑMO URABURENIKERI
雁はやってきて萩は散る季節になった。そして牡鹿の鳴く声も弱々しくなった。
左注
校異 牡 壮 [元]
用語 秋雑歌、、動物、植物、季節
タイトルとURLをコピーしました