万葉集 第10巻 2300番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2300番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2300番歌

第10巻
歌番号 2300番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄月)
原文 九月之 在明能月夜 有乍毛 君之来座者 吾将戀八方
訓読 九月の有明の月夜ありつつも君が来まさば我れ恋ひめやも
かな ながつきの ありあけのつくよ ありつつも きみがきまさば あれこひめやも
英語(ローマ字) NAGATSUKINO ARIAKENOTSUKUYO ARITSUTSUMO KIMIGAKIMASABA AREKOHIMEYAMO
有明の月夜ではありませんが、このままずっといらっしゃって下されば、どうして私が恋焦がれたりするでしょうか。
左注
校異
用語 秋相聞、恋情
タイトルとURLをコピーしました