万葉集 第10巻 2115番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2115番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2115番歌

第10巻
歌番号 2115番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 手取者 袖并丹覆 美人部師 此白露尓 散巻惜
訓読 手に取れば袖さへにほふをみなへしこの白露に散らまく惜しも
かな てにとれば そでさへにほふ をみなへし このしらつゆに ちらまくをしも
英語(ローマ字) TENITOREBA SODESAHENIHOFU WOMINAHESHI KONOSHIRATSUYUNI CHIRAMAKUWOSHIMO
手に取れば着物の袖さへ染めてしまう美しい女郎花、この白露で散ると思うと惜しい。
左注
校異
用語 秋雑歌、植物
タイトルとURLをコピーしました