万葉集 第10巻 2220番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2220番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2220番歌

第10巻
歌番号 2220番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠水田)
原文 左小<壮>鹿之 妻喚山之 岳邊在 早田者不苅 霜者雖零
訓読 さを鹿の妻呼ぶ山の岡辺なる早稲田は刈らじ霜は降るとも
かな さをしかの つまよぶやまの をかへなる わさだはからじ しもはふるとも
英語(ローマ字) SAWOSHIKANO TSUMAYOBUYAMANO WOKAHENARU WASADAHAKARAJI SHIMOHAFURUTOMO
牡鹿が妻を求めてやってくる山の麓の早稲田は刈らずにおこう。霜が降りるようになっても。
左注
校異 牡 壮 [元][類]
用語 秋雑歌、動物、比喩
タイトルとURLをコピーしました