万葉集 第10巻 2168番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2168番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2168番歌

第10巻
歌番号 2168番歌
作者 作者不詳
題詞 詠露
原文 冷芽子丹 置白霧 朝々 珠<年>曽見流 置白霧
訓読 秋萩に置ける白露朝な朝な玉としぞ見る置ける白露
かな あきはぎに おけるしらつゆ あさなさな たまとしぞみる おけるしらつゆ
英語(ローマ字) AKIHAGINI OKERUSHIRATSUYU ASANASANA TAMATOSHIZOMIRU OKERUSHIRATSUYU
秋萩に降りた白露は真珠のように美しい。毎朝毎朝真珠が置かれたかとばかりに輝く美しい白露。
左注
校異 斗 年 [元][類][紀]
用語 秋雑歌、植物、属目
タイトルとURLをコピーしました