万葉集 第10巻 2167番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2167番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2167番歌

第10巻
歌番号 2167番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鳥)
原文 秋野之 草花我末 鳴<百舌>鳥 音聞濫香 片聞吾妹
訓読 秋の野の尾花が末に鳴くもずの声聞きけむか片聞け我妹
かな あきののの をばながうれに なくもずの こゑききけむか かたきけわぎも
英語(ローマ字) AKINONONO WOBANAGAURENI NAKUMOZUNO KOゑKIKIKEMUKA KATAKIKEWAGIMO
秋の野に生える尾花の末(うれ)にとまってモズが鳴いている。君にもその鳴き声が聞こえるだろうか。よく聞いてごらん。
左注
校異 舌百 百舌 [類] / 濫 [元][類][紀](塙) 監
用語 秋雑歌、植物、動物
タイトルとURLをコピーしました