万葉集 第10巻 2213番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2213番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2213番歌

第10巻
歌番号 2213番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠黄葉)
原文 比者之 五更露尓 吾屋戸乃 秋之芽子原 色付尓家里
訓読 このころの暁露に我が宿の秋の萩原色づきにけり
かな このころの あかときつゆに わがやどの あきのはぎはら いろづきにけり
英語(ローマ字) KONOKORONO AKATOKITSUYUNI WAGAYADONO AKINOHAGIHARA IRODUKINIKERI
このごろ明け方に露が降りている。我が家の庭の萩の原はすっかり色づいてきた。
左注
校異
用語 秋雑歌、植物、季節、属目
タイトルとURLをコピーしました