万葉集 第10巻 2350番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2350番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2350番歌

第10巻
歌番号 2350番歌
作者 作者不詳
題詞 寄夜
原文 足桧木乃 山下風波 雖不吹 君無夕者 豫寒毛
訓読 あしひきの山のあらしは吹かねども君なき宵はかねて寒しも
かな あしひきの やまのあらしは ふかねども きみなきよひは かねてさむしも
英語(ローマ字) ASHIHIKINO YAMANOARASHIHA FUKANEDOMO KIMINAKIYOHIHA KANETESAMUSHIMO
山おろしの風が吹いてるわけじゃありませんが、あなた様がいらっしゃらない今宵は嵐が吹いてでもいるように寒々します。
左注
校異
用語 冬相聞、恋情
タイトルとURLをコピーしました