万葉集 第10巻 1952番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1952番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1952番歌

第10巻
歌番号 1952番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鳥)
原文 今夜乃 於保束無荷 霍公鳥 喧奈流聲之 音乃遥左
訓読 今夜のおほつかなきに霍公鳥鳴くなる声の音の遥けさ
かな こよひの おほつかなきに ほととぎす なくなるこゑの おとのはるけさ
英語(ローマ字) KOYOHINO OHOTSUKANAKINI HOTOTOGISU NAKUNARUKOゑNO OTONOHARUKESA
今宵はおぼつかなくてぼんやりした気分だ。ホトトギスが鳴いているが、なんだか遠くの声のように聞こえる。
左注
校異
用語 夏雑歌、動物、叙景
タイトルとURLをコピーしました